>
倉敷観光

 

 

倉敷観光

当館より歩いて約10分で、倉敷美観地区に行くことができます。
ホテルでのおくつろぎのひととき、お気軽に白壁の町倉敷の魅力を心ゆくまでお楽しみ下さい。
観光マップ

 

【倉敷美観地区の主な見どころ】

 

大原美術館

エル・グレコやモネ、ピカソなどの貴重な西洋絵画を所蔵する西日本屈指の美術館です。

→詳細はこちら(公式サイト)

 
倉敷考古館
倉敷考古館

吉備地方を中心とした出土品1500点を展示。また珍しい南アメリカの文化遺産も。この付近は美観地区の中でも最もながめの良いところです。

→詳細はこちら(倉敷観光サイト)

 
倉敷館(観光案内所)
倉敷館(観光案内所)

大正時代に建てられた元倉敷町役場。白木の洋風なデザインが美しい建物です。現在は観光案内所と休憩所、トイレなどがある観光拠点となっています。

→詳細はこちら(倉敷観光サイト)

 

倉敷民藝館
倉敷民藝館

江戸時代の米倉を改装して、日本をはじめ世界各国の生活用品を収集展示しています。白壁に黒の貼り瓦という当時の建物も必見。

→詳細はこちら(倉敷観光サイト)

 
倉敷郷土玩具館
倉敷郷土玩具館

日本各地の郷土玩具・人形を中心に、海外のものも含め4万点以上を収集し展示している、おもちゃの博物館。

→詳細はこちら(公式サイト)

 
児島虎次郎記念館
児島虎次郎記念館

煉瓦造りの明治の息吹が聞こえてきそうな建物。多くの大原コレクションの収集に携さわった児島虎次郎本人の作品を展示しています。

→詳細はこちら(倉敷観光サイト)

 

鶴形山公園(阿智神社)
鶴形山公園(阿智神社)

その姿が鶴のはばたく姿に似ているところからその名が生まれた鶴形山。
標高わずか32mだが、市街を一望できる格好のプロムナードです。
その頂上にある阿智神社には、古代庭園が残されています。

→詳細はこちら(阿智神社サイト)

 
川舟流し
川舟流し

美観地区の中心を流れる倉敷川を、船頭の話に耳を傾けながら、ゆったりめぐることができます。水面から見上げる白壁の町並みは格別です。
乗船:300円、時間:約20分

→詳細はこちら(倉敷観光サイト)

 
いがらしゆみこ美術館
 

少女漫画家いがらしゆみこの作品や直筆漫画などが展示されている美術館。ファンにはたまらないスポットです。

→詳細はこちら(公式サイト)

 

そのほか和風カフェやギャラリー、工房など見どころがたくさんあります。

→倉敷の美観地区の見どころ(倉敷旅館ホテル組合サイト内)

→倉敷の観光案内(倉敷市サイト)